空のレコードに固定値を入力 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer

始める前に

  • ソースデータを保管するシステムへの接続が作成済みであること。

    ここではテスト接続を使用します。

  • ソースデータを保管するデータセットが追加済みであること。

    ここでは乗車時刻、降車時刻、運賃などの階層タクシーデータを表示します(このページの左側のパネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからtype_converter-datacleansing-taxi.jsonファイルをダウンロードします)。

  • 接続および処理済みデータを保管する関連データセットも作成済みであること。

    ここではテストデータセットを使用します。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン)ページで[ADD PIPELINE] (パイプラインの追加)をクリックします。新しいパイプラインが開きます。
  2. パイプラインに意味のある名前を付けます。

    例え

    Fill empty cells with appropriate value
  3. [ADD SOURCE] (ソースの追加)をクリックしてパネルを開くと、ソースデータを選択できます。ここでは、レコードが空のカラム(.store_and_fwd_flag)が含まれているタクシー関連のデータを使用します。

    例え

  4. データセットを選択し、[SELECT] (選択)をクリックしてパイプラインに追加します。
    必要であれば名前を変更します。
  5. をクリックして、[Data cleansing] (データクレンジング)プロセッサーをパイプラインに追加します。設定パネルが開きます。
  6. プロセッサーに意味のある名前を付けます。

    例え

    fill empty cells with N/A value
  7. [CONFIGURATION] (運用設定)エリアで以下のようにします:
    1. 購入価格に税額を追加する場合は、[Function name] (機能名)リストで[Fill cells with value] (セルに値を入力)を選択します。
    2. レコードが空のフィールドに該当する場合は、[Fields to process] (処理するフィールド)リストで.store_and_fwd_flagを選択します。
    3. 空のレコードをすべてN/A値に置換する場合は、[Use with] (次を使用)リストで[Value] (値)を選択し、その[Value] (値)フィールドにN/Aと入力します。
  8. [Save] (保存)をクリックして設定を保存します。

    プロセッサーのプレビューに注目し、クレンジング前のデータとクレンジング後のデータを比較します。

  9. [ADD DESTINATION] (デスティネーションの追加)アイテムをクリックし、クレンジング済みデータを保存するデータセットを選択します。
    必要であれば名前を変更します。
  10. Talend Cloud Pipeline Designerの上部のツールバーで、リストから実行プロファイルを選択します(詳細は実行プロファイルを参照してください)。
  11. 実行アイコンをクリックしてパイプラインを実行します。

タスクの結果

パイプラインは実行中となり、空のレコードは指定した固定値で置換され、出力フローは指定のターゲットシステムに送信されます。