例 - 7.0

thbaseoutputジョブスクリプトプロパティ

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > Parquet
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio

以下の例では、tHBaseOutputコンポーネントが、hbase_employeesという名前のHortonWorks HBaseテーブルに、1回のバッチで550000行ずつデータを書き込むように構成されています。指定のテーブルがすでに存在している場合、このテーブルはいったん削除され、再度作成されます。HBaseバージョンはHortonWorksデータプラットフォーム2.5.0、Zookeeperサービスの名前はhbase、クライアントリッスンポートは2181になっています。

		DISTRIBUTION : "HORTONWORKS",
		HBASE_VERSION : "HDP_2_5",
		ZOOKEEPER_QUORUM : "\"hbase\"",
		ZOOKEEPER_CLIENT_PORT : "\"2181\"",
		TABLE : "\"hbase_employees\"",
		TABLE_ACTION : "DROP_IF_EXISTS_AND_CREATE",
		FAMILIES {
			SCHEMA_COLUMN : "id",
			FAMILY_COLUMN : "\"family1\"",
			SCHEMA_COLUMN : "name",
			FAMILY_COLUMN : "\"family2\"",
			SCHEMA_COLUMN : "age",
			FAMILY_COLUMN : "\"family1\""
		},
		USE_BATCH_MODE : "true",
		BATCH_SIZE : "550000"
	}