UDFパネルを使用したPig UDFの定義 - 7.0

ビッグデータのフローマッピング

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

tPigMapのUDFパネルを使用して、特に入力データでロードされる一部のApache DataFu Pig関数などのエイリアスが必要なPig UDFを容易に定義することができます。

  1. [Map Editor] (マップエディター)[Define functions] (関数の定義)テーブルで、ボタンをクリックして行を追加します。[Node] (ノード)および[Alias] (エイリアス)フィールドには、自動的にデフォルト設定が入力されます。

  2. 必要に応じて、[Node] (ノード)フィールドをクリックして、定義するUDFのロードに使用するtPigLoadコンポーネントをドロップダウンリストから選択します。

  3. 提示されたエイリアス以外のUDFが必要な場合、[Alias] (エイリアス)フィールドにエイリアスを二重引用符で囲んで入力します。

  4. [UDF function] (UDF関数)フィールドをクリックし、表示されるボタンをクリックすると、[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスが開きます。

  5. [Categories] (カテゴリ)リストからUDFのカテゴリを選択します。[Functions] (関数)リストには、選択したカテゴリで使用できるすべての関数が表示されます。

  6. [Functions] (関数)リストで目的の関数をダブルクリックして、[Expression] (式)エリアに追加し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    [UDF function] (UDF関数)フィールドに選択した関数が表示されます。

このテーブルでUDFを定義すると、指定されたtPigLoadコンポーネントの[Define functions] (関数の定義)テーブルが自動的に同期されます。同様に、接続されたtPigLoadコンポーネントでUDFを定義すると、テーブルは自動的に同期されます。

UDFパネルを使用してUDFを定義すると、式の中で以下の方法でこれを使用することができます。

  • そのエイリアスをターゲット式フィールドにドラッグ&ドロップして、必要に応じてその式を編集する。

  • 式の編集で説明されているように[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを開き、[Category] (カテゴリ)リストで[User Defined] (ユーザー定義)を選択し、[Functions] (関数)リストでUDFのエイリアスをダブルクリックして式としてそれを追加し、必要に応じてその式を編集する。

完了すると、関数の代わりにエイリアスが式に表示されます。