式の編集 - 7.0

ビッグデータのフローマッピング

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

入力と出力のいずれの側でも、Pig Latinを使って入出力データやフィルター条件式のすべてのキーを編集できます。このため、これらの条件に基づいて関係をフィルターしたり分割したりすることができます。Pig LatinとPigの関係について詳しくは、『Pig Latin Basics』や『Pig Latin Reference Manual』など、Pigに関するApacheのドキュメンテーションを参照して下さい。

データ変換に必要な式は、[Map Editor] (マップエディター)の下半分の[Expression editor] (式エディター)ビューに直接書き込むか、または[Expression Builder] (式ビルダー)のダイアログボックスを開いて、データ変換式を作成できます。

[Expression builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを開くには、開く式の横のボタンをクリックします。このボタンは、[Map Editor] (マップエディター)のルックアップフローまたは出力フローを示す表形式のパネルにあります。

選択した式で[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスが開きます。

StudioでPigユーザー定義関数(Pig UDF)を作成した場合は、[Pig UDF Functions] (Pig UDF関数)オプションが[Categories] (カテゴリー)リストに自動的に表示されます。これを選択して、使用するマッピング式を編集することができます。

Pig UDF関数を作成するには、[Repository] (リポジトリ)ツリーの[Code] (コード)ノードの下にある[Pig UDF]アイテムを使う必要があります。Pig Latinを使ったPig関数の記述方法は習得しなければなりませんが、Pig UDF関数の作成方法はTalendのルーチンと同様です。

[Repository] (リポジトリ)の表示は、使用するライセンスによって上記の図と異なる場合があります。

ルーチンの詳細は、ルーチンとはを参照して下さい。

[Expression editor] (式エディター)ビューを開くには、次の手順に従います。

手順

  1. エディターの下半分の[Expression editor] (式エディター)タブをクリックして該当するビューを開きます。
  2. 式を設定するカラムをクリックし、[Expression editor] (式エディター)ビューで式を編集します。

タスクの結果

入出力フローのフィルター条件を設定する必要がある場合は、ボタンをクリックして表示されたエリアで式を編集するか、[Expression editor] (式エディター)ビューまたは[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを使用します。