EDIのストラクチャー検証 - 7.1

Talend Data Mapper - X12 HIPAA仕様

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
EnrichPlatform
Talend Studio

EDIのストラクチャー検証をオンにすると、ランタイムはEDI固有の構文検証を追加で実行します。

構文検証ルールはEDI仕様に従って設定されています。これらの値は、X12.orgテーブルからのものです。
以下のリストは、構文ルールチェッカーが生成するエラーメッセージです。
  • SyntaxRules_Conditional=Conditional (最初のアイテムが存在している場合は、すべてが存在している必要があります。)
  • SyntaxRules_Exclusion=Exclusion (存在できるのは1つのみです。)
  • SyntaxRules_InvalidRuleType=Invalid rule type
  • SyntaxRules_InvalidSeqNumberList=Invalid sequence number list
  • SyntaxRules_Conditional=Conditional (最初のアイテムが存在している場合は、すべてが存在している必要があります。)
  • SyntaxRules_Paired=Paired (存在している場合は、すべてが存在している必要があります。)
  • SyntaxRules_Required=Required (1つ以上が存在している必要があります。)
  • SyntaxRules_RequiredElemNotPresent=Required element not present at
  • SyntaxRules_SeqNumberNotFound=Sequence number not found