互換性があるJava環境 - Cloud

Mac版Talend Cloudインストールガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の表は、Talend製品を使用するためにダウンロードしてインストールするべき推奨Java環境に関する情報を示しています。

Compiler Compliance Levelは、ジョブコード生成に使用されるJavaバージョンに対応します。このオプションは、Studio環境設定で変更できます。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

注: Talendの全製品と関連するサードパーティアプリケーション(Hadoopクラスターなど)は、コンプライアンスのために同じJavaバージョンを使用する必要があります。Talendでは、関連するサードパーティアプリケーションをインストールまたはアップグレードする前に、 サポートされているJavaバージョンを確認することをお勧めしています。

このドキュメンテーションでは、次のように使用されています。

  • 推奨: 経験とカスタマー事例に基づいてTalendにより推奨される環境を示します。
  • サポート: リストされているコンポーネントまたはサービスの使用においてサポートされる環境を示します。
  • 制限付きサポート: メモで説明されている特定の条件付きでTalendによってサポートされる環境を示します。

StudioのJava環境

Talend Studioと互換性があるJava環境
Javaプラットフォーム Javaバージョン 1、2、3 サポートタイプ
OpenJDK (推奨されるディストリビューション: Zulu) 11 推奨
8 サポート
Oracle JDK 11 推奨
8 サポート

1 Oracle 8の実行時には、StudioはJDKコンパイラーのコンプライアンスレベル1.8 (デフォルト)に準拠する必要があります。インストールされているJDKのバージョンが1.8.0_161未満の場合は、追加リソースであるJava Cryptography Extension (JCE)無制限強度管轄ポリシーファイルインストールする必要があります。これはスタンドアロンジョブの実行にも適用できます。

2 Oracle 11の実行時には、StudioはJDKコンパイラーのコンプライアンスレベル11 (デフォルト)に準拠する必要があります。

サーバーのJava環境

Talend Serverモジュールと互換性があるJava環境
Talend Serverモジュール Javaプラットフォーム Javaバージョン 1、2、3 サポートタイプ
Big Data Distributions OpenJDK 8 サポート
Oracle JDK 8 サポート
Talend Administration Center OpenJDK 11 サポート
8 推奨
Oracle JDK 11 サポート
8 推奨

1 Oracle 8の実行時には、StudioはJDKコンパイラーのコンプライアンスレベル1.8 (デフォルト)に準拠する必要があります。

2 Oracle 11の実行時には、StudioはJDKコンパイラーのコンプライアンスレベル11 (デフォルト)に準拠する必要があります。

3 OpenJDK用に推奨されるディストリビューションはZuluです。