互換性があるバージョン管理システム - Cloud

Mac版Talend Cloudインストールガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
次の表は、Talendプロジェクトの保存で推奨およびサポートされているバージョン管理システムの情報をまとめています。

このドキュメンテーションでは、次のように使用されています。

  • 推奨: 経験とカスタマー事例に基づいてTalendにより推奨される環境を示します。
  • サポート: リストされているコンポーネントまたはサービスの使用においてサポートされる環境を示します。
  • 制限付きサポート: メモで説明されている特定の条件付きでTalendによってサポートされる環境を示します。

Gitバージョン管理サーバー

バージョン管理サーバー バージョン サポートタイプ
GitHub 6 SaaS 推奨
Enterprise 2.18 推奨
Bitbucket SaaS: サポート
Server 5.10から6.6 サポート
Azure DevOps SaaS4 サポート
TFS 2018~最新バージョン5 サポート
AWS CodeCommit SaaS2 サポート
GitLab: SaaS: サポート
GitLab 3 12~最新バージョン サポート
Gitblit 1.8 非推奨
注: Talendでは、リポジトリワークスペースに変更を加えるのにTalend Studioを使用すること、およびTalendプロジェクト用のバージョン管理システムをTalend Studioから使用することを推奨しています。

1 Bitbucketバージョン5.6と5.10で互換性をチェック済みです。Talendは、5.xのすべてのマイナーバージョンに下位互換性があることを前提としています。バージョン間の変更点は、「Bitbucketアップグレードマトリクス」を参照してください。

2 Talendでサポートされているのは、Gitクレデンシャルとパーソナルアクセストークンによる認証のみです。

3 最新バージョン(GitLab 12への下位互換性あり)

4 旧名Azure VSTS

5 旧名Azure TFS

6 パーソナルアクセストークンを使った接続方法については、「SAMLシングルサインオンと共に使用するパーソナルアクセストークンの承認」を参照してください。