Apache Kafkaトピック名をTalend Data Stewardship用に設定する - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
data-stewardship.propertiesファイルにパラメーターを加え、適宜に値を変更することにより、Talend Data StewardshipのApache Kafkaトピック名の設定を有効にすることができます。
  1. <Tomcat>/conf/data-stewardship.propertiesファイルを開きます。
  2. 次の行を追加します。
    tds.impactAnalysis.offsets.topic=impact-analysis-offsets
    schema.crud.topic=schemas
    schema.references.topic=schemas-references
    dq.dictionary.topic=dqDictionary

    この例では、必要に応じて変更できるパラメーターのデフォルト値を示します。

    ただし、dq.dictionary.topicの値を変更すると、tdqdict.propertiesファイルのspring.cloud.stream.bindings.dqDictionary.destinationでも変更する必要があります。