KibanaでTransport Layer Security (TLS/SSL)を設定する - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
  1. KibanaでTLSを有効にします:
    1. Kibanaconfigフォルダーの下にcertsサブディレクトリを作成します。
    2. 以下のコマンドを使用して、ノードのca/ca.crt、パブリック証明書、およびプライベートキーをconfig/certsディレクトリにコピーします:
    cp ../elk_ca/ca/ca.crt ../certs/my-kibana/* config/certs
    1. config/kibana.ymlを以下のように編集します:
      server.name: "my-kibana"
      server.host: "kibana.local"
      server.ssl.enabled: true
      server.ssl.certificate: config/certs/my-kibana.crt
      server.ssl.key: config/certs/my-kibana.key
      elasticsearch.url: "https://node1.local:9200"
      elasticsearch.username: "kibana"
      elasticsearch.password: "TalendELK"
      elasticsearch.ssl.certificateAuthorities: [ "config/certs/ca.crt" ]
    kibanaユーザーのパスワードはElasticsearchでTransport Layer Security (TLS/SSL)を設定するで生成したパスワードに対応している必要があります。
  2. 以下のコマンドを実行してKibanaを開始します:
    bin/kibana
  3. ブラウザーを開き、https://kibana.local:5601に移動します。

証明書が信頼されていないことを示すエラーが返されます。直接証明書も署名機関もブラウザによって信頼されていないため、これは想定どおりです。

新たに作成した認証機関をお使いのオペレーティングシステムまたはブラウザに追加するか、またはそれを信頼する設定を行います。