サービスとしてのTalend Artifact Repositoryのインストール - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
  1. ルートとして、Artifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.E/nexus-A.B.C-D/bin/nexus/etc/init.dにコピーします。
  2. 次のコマンドを実行してnexusスクリプト実行可能ファイルを作成します。
    chmod 755 /etc/init.d/nexus
  3. 編集用にnexusスクリプトを開きます。
  4. NEXUS_HOMEを、フォルダーの絶対ロケーションに変更します。
    たとえば、次のようになります。NEXUS_HOME="usr/local/nexus"
  5. サービスの実行に使用する制限された権限を持つユーザーに、RUN_AS_USERオプションを設定します。Nexusをルートとして実行しないでください。
  6. PIDDIRを、ユーザーが読み取り/書き込み権限を持つディレクトリに変更します(たとえば、./)。
  7. Talend Artifact Repositoryディレクトリの所有者とグループを、サービスの実行に使用するユーザーに変更します。
  8. ターミナルから、/etc/init.dに移動します。
  9. サービスをインストールします。
    • Ubuntuの場合は、次のコマンドを使用します。# update-rc.d nexus defaults
    • 他のLinuxディストリビューションの場合は、次のコマンドを使用します。
      $ chkconfig --add nexus
      $ chkconfig --levels 345 nexus on