JBossへのTalend Administration Centerのデプロイ - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Linux

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
  1. JBossアプリケーションサーバーをインストールします。自動的に起動した場合は、JBossサービスを停止します。
  2. Talendから配信されたアーカイブを解凍します。
  3. bcprov-jdk15on-1.51.jarorg.talend.administrator.war/WEB-INF/libから<JBossPath>/modules/system/layers/base/org/bouncycastle/mainに移動します。
  4. <JBossPath>/modules/system/layers/base/org/bouncycastle/main/で、module.xmlファイルを作成します。
  5. 次のコンテンツを貼り付けます。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <module xmlns="urn:jboss:module:1.1" name="org.bouncycastle">
    <resources>
    <resource-root path="bcprov-jdk15on-1.51.jar"/>
    </resources>
    <dependencies>
    <module name="javax.api" slot="main" export="true"/>
    </dependencies>
    </module>
  6. org.talend.administrator.war/WEB-INFで、jboss-deployment-structure.xmlファイルを作成します。
  7. 次のコンテンツを貼り付けます。
    <jboss-deployment-structure>
    <deployment>
    <dependencies>
    <module name="org.bouncycastle" slot="main" export="true" />
    </dependencies>
    </deployment>
    </jboss-deployment-structure>
  8. org.talend.administrator.warファイルを<JBossPath>/standalone/deploymentsに移動します。
  9. 次のコマンドを使用して、JBossを起動します。
    sh <JBossPath>/bin/run.sh

デフォルトでは、ログ出力のストレージはTomcatアプリケーションサーバーによって管理されますが、ログを保存するための専用のパスを定義することもできます。Talend Administration Centerからパスを直接設定できます。旧バージョンでの手動による設定の詳細は、ログストレージモードの設定を参照してください。

権限管理上の理由により、Talend CommandLineと同じ管理者アカウントを使用してJBossを起動してください。たとえば、JBossとTalend CommandLineの両方用のtalend_adminアカウントを作成します。