Talendビッグデータソリューションの機能的なアーキテクチャ - 7.0

Talend Big Dataソリューション

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talendビッグデータソリューションの機能的なアーキテクチャとは、Talendビッグデータソリューションの機能、インタラクション、該当するITのニーズを特定するアーキテクチャモデルを指します。アーキテクチャ全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

次の図は、Studioでのビッグデータの処理に関連するアーキテクチャ上の主な機能ブロックを示しています。

3つの異なるタイプの機能ブロックが定義されています。

  • 少なくとも1つのStudio。ここでは、Apache Hadoopプラットフォームを活用して、大量のデータセットを処理するビッグデータジョブを設計します。これらのジョブはローカルで実行することもできますが、Studio内に統合されたOozieワークフローのスケジューラーシステムを通じて、Hadoopグリッド上にデプロイ、スケジュール、実行することもできます。

  • Studio内に統合されたワークフローのスケジューラーシステムを通じて、Hadoopグリッド上にビッグデータジョブをデプロイ、スケジュール、実行し、ジョブの実行ステータスや結果を監視することができます。

  • Talendシステムから独立したHadoopグリッドでは、大量のデータセットを処理します。