ユーザー情報の定義およびユーザーへのアプリケーションの割り当て - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイドWindows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. 1番上のメニューから、[Directory] (ディレクトリー)> [People] (人々)の順に選択します。
  2. 編集するユーザーを選択し、[Profile] (プロファイル)タブに移動してこのユーザーを編集します。
  3. 所定の役割の値を設定し(Talend Administration Center SSO設定では、同じ役割とプロジェクトタイプの値を使用する必要があります)、[Add Another] (もう1つ追加)をクリックしてユーザーの役割を追加します。
    プロジェクトタイプの値についても同様に設定します((いずれか、DI (データ統合)、DQ (データ管理)、MDM (マスターデータ管理)またはNPA (プロジェクトへのアクセス権なし))。
  4. 新しいブラウザータブで[People] (人々)タブを開き、[Assign to People].(人々へ割り当て)をクリックします。
  5. アプリケーションを割り当てる人物/人々のユーザー名と電子メールアドレスを入力します。
    アプリケーションとユーザーをOktaに設定した後、定義したユーザー情報を取得するために、アイデンティティプロバイダーをTalend Administration Centerにリンクする必要があります。