Talend CommandLineにモジュールをインストール - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
異なるマシンでTalend StudioTalend CommandLineを使用する場合は、ダウンロードした.jarファイルを取得してTalend CommandLineに追加する必要があります。

手順

  1. Talend CommandLineが起動していないことを確認した上で、前述の手順に従いModules(モジュール)ビューを使用して外部モジュールをダウンロードします。
  2. ダウンロードした.jarファイルを<StudioPath>/configuration/.m2からコピーして <CommandLinePath>/configuration/.m2に貼り付けます。ここで、<StudioPath><CommandLinePath>はそれぞれTalend StudioTalend CommandLineのインストールディレクトリーです。
    これらのフォルダーは非表示にされているので、システムが非表示ファイルと非表示フォルダーを表示するように設定されていることを確認して下さい。

    <CommandLinePath>/configuration/.m2 folderはデフォルトでは作成されません。これは、初めてTalend CommandLineアプリケーションを起動するときに作成されます。

  3. Talend CommandLineを再起動します。

    これで、このモジュールに依存するコンポーネントまたはメタデータ接続を使用できるようになりました。