必要な外部モジュールを調べる - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイドWindows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Studioを起動したとき、またはTalend Studioメニューの[Help] (ヘルプ) > [Install Additional Packages] (追加パッケージのインストール) を選択したとき、フィーチャーに必要な外部モジュールが不足していることが検出されると[Additional Talend packages] (Talendパッケージの追加)ウィザードが開きます。ここでは、[Optional] (任意)および[Required third-party libraries] (必須の他社ライブラリー)のチェックボックスが表示されます。これらのチェックボックスがオンになっていることを確認し、[Finish] (終了)をクリックすると、[Download external modules] (外部モジュールをダウンロード)ダイアログボックスが表示されます。ここには利用可能なすべての外部モジュールとそれらのライセンス規約が表示され、1回クリックするだけですべてのモジュールをインストールできます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照して下さい。

デザインワークスペースで、コンポーネントの動作に外部モジュールのインストールが必要な場合、このコンポーネントには赤色のインジケーターが表示されます。エラーインジケーターにマウスポインターを合わせると、ツールチップのメッセージによって、そのコンポーネントが動作するために必要な外部モジュールが示されます。

1 つまたは複数の外部モジュールが必要なコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューまたは[Advanced settings] (詳細設定)ビューを開くと、外部モジュールに関する主要情報が表示され、そのとなりに[Install] (インストール)ボタンが表示されます。[Install] (インストール)ボタンをクリックすると、ウィザードが開き、インストール対象の外部モジュールが示されます。

[Modules] (モジュール)ビューにはTalend Studioに組み込まれたコンポーネントを使用するために必要なすべてのモジュールが表示されます。これには関連するコンポーネントやメタデータ接続を機能させるためにインストールが必要なJavaライブラリーおよびドライバーが含まれます。

デザインワークスペースに[Modules](モジュール)ビューが表示されていない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示) > [Talend]と選択し、一覧から[Modules](モジュール)を選択します。

以下に示す表では、[Modules](モジュール)ビューで表示される情報について説明します。

説明

ステータス

モジュールがシステムにインストールされているかどうかを示します。

アイコンはとなりのContext (コンテキスト)列に表示されたコンポーネントまたはメタデータ接続に対してこのモジュールが必ずしも必要ではないことを示します。

アイコンはコンポーネントまたはメタデータ接続に対してこのモジュールが必須であることを示します。

Context (コンテキスト)

モジュールを使用するTalendコンポーネントまたはメタデータ接続の名前を表示します。この列が空欄の場合は、そのモジュールがTalend Studioの使用全般に必要であることを意味します。

この列はTalend Studioライブラリーフォルダーに作成し保存したルーチンに追加された外部ライブラリーを一覧表示します。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

Module(モジュール)

モジュールの正確な名前が表示されます。

説明

モジュール/ライブラリーが必要な理由について説明します。

Required(必須)

チェックボックスがオンの場合は、モジュールが必須であることを示します。

Modules (モジュール)ビューに加え、Talend Studioには、必須の他社モジュールのほとんどを簡単に識別してTalend Webサイトからダウンロードしてインストールできるようにし、それ以外の場合については有効なWebサイトへ案内する仕組みがあります。

Talend Studioのフィーチャーに必要な外部モジュールが見つからないときにはJarインストールウィザードが表示されます。次のような場合が該当します。

  • [Palette] (パレット)からコンポーネントをドロップした際に、そのコンポーネントを動作させるために必要な1つまたは複数の外部モジュールがTalend Studioに存在しない場合

  • Talend Studioのメタデータ接続セットアップウィザードの[Check] (チェック)ボタンをクリックした際に、接続に必要な1つまたは複数の外部モジュールがTalend Studioに存在しない場合

  • コンポーネントのComponent (コンポーネント)ビューで[Guess schema] (スキーマの推測)ボタンをクリックした際に、そのコンポーネントを動作させるために必要な1つまたは複数の外部モジュールがTalend Studioに存在しない場合

  • 1つまたは複数の必須外部モジュールが不足しているコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)または[Advanced settings] (詳細設定)ビューの上部で [Install] (インストール)をクリックした場合

  • 1つまたは複数の必須外部モジュールが不足しているコンポーネントまたはメタデータ接続が関連するジョブを実行した場合

  • Modules(モジュール)ビューのボタンをクリックした場合

    注: このボタンをクリックすると、Talend Studioに含まれていない必須外部モジュールすべてを一覧に表示したウィザードが表示されます。

以下に示す表では、ウィザードで表示される情報について説明します。

項目

説明

Jar

外部モジュールのファイル名。

Module (モジュール)

モジュールの性質についての簡単な説明。

Required by component (必要なコンポーネント)

外部モジュールを必要とするコンポーネントの一覧が表示されます。

Required(必須)

チェックボックスがオンの場合は、モジュールが必須であることを示します。

License (ライセンス)

モジュールが提供されるライセンス。

More information (詳細情報)

このモジュールに関する詳細情報を入手し、モジュールを手動でダウンロードできる、有効なwe サイトのURLを提供します。

Action(アクション)

これをクリックすると、TalendWebサイトで利用可能なモジュールをダウンロードしてインストールするための[Download external modules] (外部モジュールをダウンロード)ダイアログボックスが開きます。

:これをクリックすると、Talend Webサイトでは取得できないモジュールをダウンロードするための有効なWebサイトが開きます。ダウンロード後、ビン型のボタンをクリックしてダウンロードしたモジュールをTalend Studioにインポートします。

:ユーザー自身でモジュールを探してダウンロードする必要があります。ビン型のボタンをクリックしてTalend Studioにインポートします。

これをクリックすると、Talend Webサイトで利用可能な必須モジュールをすべてダウンロードしてインストールするための[Download external modules] (外部モジュールをダウンロード)ダイアログボックスが開きます。

Do not show again (次回から表示しない)

これをオンにすること、Modules (モジュール) タブビューのボタンをクリックするまで、ウィザードが表示されなくなります。

このチェックボックスは、外部モジュールを必要とするコンポーネントのドロップ、接続の設定、またはデータベースのスキーマの推測を行った場合にのみ表示されます。また、外部モジュールを必要とするコンポーネントのComponent (コンポーネント)タブで [Install] (インストール)ボタンをクリックしたときにも表示されます。

Click here to obtain more information about external modules (ここをクリックして外部モジュールの詳細を参照)

これをクリックすると、他社モジュールのインストールに関するTalendオンラインドキュメントが表示されます。

このウィザードはインストールする外部モジュール、その提供ライセンス、ダウンロードするための有効なWebサイトのURLを一覧表示します。また、Talend Webサイトで利用できるすべてのモジュールを自動でダウンロードしてインストールし、Talend Webサイトで利用できないモジュールについてはAction(アクション)列のリンクを利用してダウンロードし、手動でTalend Studioにインストールできるようにします。

外部モジュールを必要とするコンポーネントのドロップ、接続の設定、またはデータベースのスキーマの推測を行う際に、Talend WebサイトでJarファイルとダウンロードURLのどちらも利用できない場合は、Jarインストールウィザードは表示されません。ただし、Error Log (エラーログ)ビューに、該当するモジュールのダウンロードURLが利用できなかったことを示すエラーメッセージが表示されます。この場合は、ユーザー自身でURLを探してダウンロードし、手動でTalend Studioにインストールすることができます。

注: タブシステムにError Log (エラーログ)ビューを表示するには、[Window] (ウィンドウ) > [Show views] (ビューの表示)を選択し、[General] (一般情報)ノードを展開して[Error Log] (エラーログ)を選択します。