Tomcatによる接続プールの管理 - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイドWindows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

デフォルトでは、接続プールを管理するために、サードパーティアプリケーション(c3p0)がTalend Administration Centerの設定ファイルに組み込まれています。

次の手順で、Tomcatが接続プールを直接管理できるようになります。この手順を、JBossにも適用できます。

手順

  1. <ApplicationPath>\WEB-INF\classesフォルダーで、configuration.propertiesファイル内のデフォルト設定を次のように変更します。
    database.useContext=True
  2. WEB-INFフォルダーのweb.xmlファイルを編集し、終了タグ</web-app>の前に次のコードを追加します。
    <resource-ref>
    
         <description>Our Datasource</description>
         <res-ref-name>jdbc/ADMINISTRATOR_CONNECTION</res-ref-name>
         <res-type>javax.sql.DataSource</res-type>
         <res-auth>Container</res-auth>
    
    </resource-ref>
  3. WEB-INFフォルダーのcontext.xmlファイルを編集し、次のエレメントを変更することにより、データベースへの接続のパラメーターを設定します。

    エレメント名

    メモ

    url

    jdbc:mysql://{ip_address}:3306/{db_name}

    MySQLの場合、ip_addressがデータベースのIPアドレスに、db_nameがその名前に対応します。

    jdbc:oracle:thin:@{ip_address}:1521:{db_name}

    Oracleの場合、ip_addressがデータベースのIPアドレスに、db_nameがその名前に対応します。

    jdbc:jtds:sqlserver://{ip_address}:1433/{db_name}

    SQLサーバーの場合、ip_addressがデータベースのIPアドレスに、db_nameがその名前に対応します。

    jdbc:h2:file:{dir_path/}<db_name>;MVCC=TRUE;AUTO_SERVER=TRUE; LOCK_TIMEOUT=15000

    H2の場合、dir_pathがデータベースのパスに、db_nameがその名前に対応します。

    username

    データベースにログインするためのユーザー名で、デフォルトではtalend_adminです。

    password

    データベースにログインするためのパスワードで、デフォルトではtalend_adminです。

    driverClassName

    org.gjt.mm.mysql.Driver

    MySQLの場合。

    oracle.jdbc.driver.OracleDriver

    Oracle の場合。

    net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver

    SQLサーバーの場合。

    org.h2.Driver

    H2の場合。

  4. データが保存されている<TomcatPath>\lib内のデータベースに対応する関連する.jarファイルをコピーします。