Talend Studioを設定して、プロキシサーバーでベーシック認証を使用してTalend Administration Centerとの接続を有効にする - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

プロキシサーバーでベーシック認証を使用してリモートプロジェクトの作業をしている場合は、Talend Studioで特定の設定を行い、リモートTalend Administration Centerとのセキュアな接続を有効にする必要があります。

注:

このドキュメンテーションでは、HTTPとHTTPSの両方のプロキシサーバーの設定について説明しています。お使いのプロキシサーバーのタイプに応じて自分自身で選択することができます。

手順

  1. Talend Studioで、メニューから[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定) > の順に選択して[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開き、[General] (一般) > [Network Connections] (ネットワーク接続)ノードを展開し、プロキシ設定を定義します。
  2. Studioインストールディレクトリのルートにある.iniファイルを開き、以下のオプションを追加します:
    -Dhttp.proxySet=true 
    -Dhttp.proxyHost=<proxy_server_host>
    -Dhttp.proxyPort=<proxy_server_port>
    -Dhttp.nonProxyHosts=localhost
    -Dhttp.proxyUser=<proxy_server_user>
    -Dhttp.proxyPassword=<proxy_server_password>
    -Dhttps.proxyHost=<proxy_server_host>
    -Dhttps.proxyPort=<proxy_server_port>
    -Dhttps.proxyUser=<proxy_server_user>
    -Dhttps.proxyPassword=<proxy_server_password>
  3. 作業するプロジェクトがSVNかGitかによって、以下のいずれかを行います:
    • SVNプロジェクトの場合は、ファイルC:\Users\<user>\AppData\Roaming\Subversion\serversで以下のプロパティを定義します(C:はシステムドライブ):

      http-proxy-host = <proxy_server_host>
      http-proxy-port = <proxy_server_port>
      http-proxy-username = <proxy_server_username>
      http-proxy-password = <proxy_server_password>
    • Gitプロジェクトの場合は、.gitconfigファイルを以下のように更新します:

      git config --global http.proxy http://<git_username>:<git_password>@<proxy_server_host>
      git config --global https.proxy http://<git_username>:<git_password>@<proxy_server_host>
  4. Nexusからのダウンロードを可能にするには、Maven設定ファイルsettings.xmlでプロキシを設定する必要があります。例:
    <localRepository>D:/talend_studio/configuration/.m2/repository</localRepository>
    <proxies>
        <proxy>
            <active>true</active>
            <id>http-proxy</id>
            <host>my_proxy_server</host>
            <port>8091</port>
            <protocol>http</protocol>
            <username>username</username>
            <password>password</password>
            <nonProxyHosts>127.0.0.1|localhost</nonProxyHosts>
        </proxy>
        <proxy>
            <active>true</active>
            <id>https-proxy</id>
            <host>my_proxy_server</host>
            <port>8091</port>
            <protocol>https</protocol>
            <username>username</username>
            <password>password</password>
            <nonProxyHosts>127.0.0.1|localhost</nonProxyHosts>
        </proxy>    	  
    </proxies>

タスクの結果

Talend Studioを再起動すると、プロキシサーバーでベーシック認証を使用してTalend Administration Centerに接続できるようになっています。