複数のGitリポジトリを扱えるようにTalend Administration Centerを設定する - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
たとえば、新しいプロジェクトの作成時など、Webアプリケーションの[Configuration](設定)ページで入力したものとは別のGitリポジトリにTalend Administration Centerを接続する必要が生じる場合があるかもしれません。この場合、設定ファイルを更新する必要があります。

手順

  1. Tomcatを停止します。
  2. 次のファイルを開いて編集します。
    <tomcat_path>WEB-INF\classes\configuration.properties
  3. 以下を追加します。
    git.conf.enableHashRepositoryUrl=true
    この設定により、別のプロトコル(http/https/sshなど)を使用して同じリポジトリにアクセスする場合、ディスク容量の使用量が増える可能性があります。
  4. Tomcatを再起動します。

タスクの結果

Talend Administration Centerで入力されたGitリポジトリURLごとに個別のローカルフォルダーが作成されます。