Talend JobServerのJVM設定(任意) - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Talend JobServerにより、デフォルトで使用されているJVMとは別のJVMを選択してジョブを起動できるようになります。

手順

  1. ディレクトリ<root>\confに移動します。ここで、<root>Talend JobServerのパスで、TalendJobServer.propertiesファイルを開いて編集します。
  2. ジョブランチャーのパスの行で、等号の後にJava実行ファイルへのパスを追加します。
    # Set the executable path of the binary which will run the job, for example: /usr/bin/java/java or "c:\\Program Files\\Java\\bin\\java.exe"
    org.talend.remote.jobserver.commons.config.JobServerConfiguration.JOB_LAUNCHER_PATH="C:\\Program Files\\Java\\jre1.8.0_65\\bin\\java.exe"

    引用符は、キャプチャで示したように、パスにスペースが含まれる場合にのみ必要です。それ以外の場合は、引用符なしでパスを入力します。

  3. 変更を保存し、ファイルを閉じます。

タスクの結果

次回Talend JobServerを起動するとき、使用されるJava実行可能ファイルは、TalendJobServer.propertiesファイルで以前に設定したものになります。