OktaでのTalend Administration Centerアプリケーションの追加 - 6.5

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. Okta組織にログインします。
  2. [Admin] (管理)ボタンをクリックします。
  3. [Add Applications] (アプリケーションの追加)をクリックし、[Create New App] (アプリケーションの新規作成)ボタンをクリックします。
  4. SAML 2.0を選択し、[Create](作成)をクリックします。
  5. [General Settings](全般設定)ステップで、アプリケーションの名前と説明(Talend Administration Centerなど)を入力し、[Next](次へ)をクリックします。
  6. [SAML Settings](SAML設定)を入力します。

    フィールド

    [Single sign on URL](シングルサインオンURL)

    http://<host>:<port>/<application_name>/ssologin

    Ex:

    http://localhost:8080/org.talend.administrator/ssologin

    [Audience URI(SP Entity ID)](オーディエンスURI(SPエンティティID))

    /ssologin

    [Name ID format](名前ID形式)

    リストから[Email Address](メールアドレス)を選択します。

    [Application username](アプリケーションユーザー名)

    リストから[Email](メール)を選択します。

  7. アプリケーションを作成したら、アプリケーションの[Sign On](サインオン)タブから[Identity Provider metadata](IDプロバイダーメタデータ)をダウンロードします。
  8. [Next](次へ)、[Finish](終了)の順にクリックします。