コンポーネント間をリンクする接続の定義 - 7.2

Talendジョブスクリプトリファレンスガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

ジョブ内のコンポーネントをリンクする接続を追加および定義するには、以下のようにします:

手順

  1. 出力コンポーネント定義の次に、addConnection {}関数を入力して、接続を追加します。
  2. addConnection {}関数内に、必要なパラメーターを入力して、接続プロパティを定義します。
    • 接続の種類

    • 接続名

    • 接続スタイル

    • ソースコンポーネント

    • ターゲットコンポーネント

    以下の例では、1つ目のtFileInputDelimitedコンポーネントとtMapコンポーネント間にメイン行接続が定義されています。

    addConnection {
    	TYPE: "FLOW",
    	NAME: "row1",
    	LINESTYLE: 0,
    	SOURCE: "tFileInputDelimited_1",
    	TARGET: "tMap_1"
    }
    警告:

    この接続の名前は、tMap設定に定義されているメイン入力テーブル名と一致している必要があります。

  3. 別のaddConnection {}関数を入力し、そのセクションのtFileInputDelimitedコンポーネントとtMapコンポーネント間にルックアップ行接続を定義します。
    addConnection {
    	TYPE: "FLOW",
    	NAME: "row2",
    	LINESTYLE: 8,
    	SOURCE: "tFileInputDelimited_2",
    	TARGET: "tMap_1"
    }
    警告:

    この接続の名前は、tMap設定に定義されているルックアップ入力テーブル名と一致している必要があります。

  4. 別のaddConnection {}関数を入力し、tMapコンポーネントとtFileoutputDelimitedコンポーネント間にメイン行接続を定義します。
    addConnection {
    	TYPE: "FLOW",
    	NAME: "out",
    	LINESTYLE: 0,
    	SOURCE: "tMap_1",
    	TARGET: "tFileOutputDelimited_1"
    }
    警告:

    この接続の名前は、tMapに定義されている対応する出力スキーマ名および出力テーブル名と一致している必要があります。