出力コンポーネントを定義する - 7.2

Talendジョブスクリプトリファレンスガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

出力コンポーネントを追加して設定するには以下の手順に従い、このサンプルでは、tFileOutputDelimitedを追加します。

手順

  1. tMapコンポーネント定義の次に、別のaddComponent {}関数を入力して、この関数内にsetComponentDefinition {}関数と最小限必要なパラメーターを入力して、出力コンポーネントを追加します。
    addComponent {
    	setComponentDefinition {
    		TYPE: "tFileOutputDelimited",
    		NAME: "tFileOutputDelimited_1",
    		POSITION: 736, 256
    	}
    }
  2. setComponentDefinition {}関数の次に、setSettings {}関数とパラメーターを入力して、次のコンポーネントプロパティを定義します。
    • 出力ファイルのパス

    • 出力ファイルにヘッダーを含めるかどうか

    • 出力ファイルのエンコーディングタイプ

    • 指定の出力ファイルがすでに存在している場合に、エラーを発生させ、ジョブの実行を停止するかどうか

    • デザインワークスペース上で、生成されたジョブに表示されるコンポーネントのラベル

    	setSettings {
    		FILENAME : "\"E:/Talend/data/output/consolidated_list.csv\"",
    		INCLUDEHEADER : "true",
    		ENCODING : "\"UTF-8\"",
    		ENCODING:ENCODING_TYPE : "UTF-8",
    		FILE_EXIST_EXCEPTION : "false",
    		LABEL : "consolidated_list"
    	}
    警告:

    メタ文字を指定する場合、必ずバックスラッシュ(\)を使用してください。

  3. setSettings {}関数の次に、addSchema {}関数を入力して、出力コンポーネントのスキーマを定義します。

    このスキーマのカラム定義は、直前のコンポーネントtMapで定義されている出力スキーマのカラム定義と同じである必要があります。

    addSchema {
    		NAME: "tFileOutputDelimited_1",
    		CONNECTOR: "FLOW",
    		LABEL: "out"
    		addColumn {
    			NAME: "id",
    			TYPE: "id_Integer",
    			LENGTH: 2
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "full_name",
    			TYPE: "id_String"
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "age",
    			TYPE: "id_Integer",
    			LENGTH: 2
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "city",
    			TYPE: "id_String"
    		}
    	}