集計スコアのソート - 7.2

Talendジョブスクリプトリファレンスガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

tSortRowコンポーネントを追加して、集計結果をソートするようにこのコンポーネントを設定するには、以下のようにします:

手順

  1. tAggregateRowコンポーネントの次に、新しいtSortRowコンポーネントを追加します。
    addComponent {
    	setComponentDefinition {
    		TYPE: "tSortRow",
    		NAME: "tSortRow_1",
    		POSITION: 672, 192
    	}
    
    }
  2. tSortRowsetComponentDefinition {}の次に、setSettings {}関数を使ってコンポーネントのプロパティを定義します。

    このサンプルでは、総合得点が降順でソートされ、集計結果の並べ替えが行われます。

    	setSettings {
    		CRITERIA {
    			COLNAME : "sum",
    			SORT : "num",
    			ORDER : "desc"
    		},
    		LABEL : "sort"
    	}
  3. setSettings {}の次に、addSchema {}関数を入力して、コンポーネントの出力構造を定義します。

    このサンプルでは、tSortRowコンポーネントが、tAggregateRowコンポーネントと同じスキーマ構造を持つように設定されています。

    	addSchema {
    		NAME: "tSortRow_1",
    		CONNECTOR: "FLOW"
    		addColumn {
    			NAME: "subject",
    			TYPE: "id_String"
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "sum",
    			TYPE: "id_Double",
    			PRECISION: 2
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "average",
    			TYPE: "id_Double",
    			PRECISION: 2
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "max",
    			TYPE: "id_Double",
    			PRECISION: 2
    		}
    		addColumn {
    			NAME: "min",
    			TYPE: "id_Double",
    			PRECISION: 2
    		}
    	}