空の行と無効な行の削除 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationの簡単な例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

データセットから空のエントリーと無効なエントリーをすべて一度に削除することができます。

各カラムのクオリティバーを見ると、customer_contact_data.csvには、空のセルまたは無効なセルのいずれかを持つ行が複数存在します。ここでは、これらの行をすべて削除します。クオリティバーを使うと、特定のカラムの空のレコードと無効なレコードを簡単に削除できますが、この処理をデータセット全体に対して実行する必要があります。

手順

  1. グリッド左上のメニューアイコンをクリックします。
  2. [Display rows with invalid or empty values] (値が無効または空の行を表示)を選択します。

    データに対して実際にフィルターを適用したので、データセットの空の値と無効な値だけが表示されます。

  3. ファンクションパネルで、「Delete these filtered rows (フィルター処理された行を削除)」と入力し、結果をクリックして関連ファンクションを実行します。

    [Apply changes to] (変更の適用先)フィールドの前の[Filtered Rows] (フィルター処理済みの行)ラジオボタンが選択されていることを確認します。

    空のエントリまたは無効なエントリを含んだ行がデータセットから削除されます。

  4. フィルターバーのゴミ箱アイコンをクリックしてフィルターを消去し、再びデータセット全体を表示します。

タスクの結果

空のレコードを含んだすべての行がデータセットから削除され、各カラムのクオリティバーが完全に緑になります。