複数のカラムの内容のマージ - Cloud

Talend Cloud Data Preparationの簡単な例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

場合によっては、使用するデータが複数のカラムに分割されていることがあります。これらのカラムは、連結を使ってグループ化できます。

メールアドレスの作成に必要な情報が整っているので、あとは組み立てるだけです。このシナリオの最初に作成した3つのカラムをマージします。

手順

  1. email_first_nameカラムを選択します。
    複数のカラムをマージする場合、最初に選択するカラム(この場合はemail_first_name)が、作成されるマージ済みカラムの最初の部分になります。
  2. ファンクションパネルで「Concatenate with (次と連結)」と入力し、結果をクリックして関連ファンクションのオプションを表示します。
  3. 次のようにファンクションを設定します。

    1度に2つのカラムのみ連結できるため、最初にemail_first_nameカラムとemail_last_nameを連結し、.を区切り文字として使用します。

  4. [Submit] (送信)ボタンをクリックして、関数を適用します。

    2つのカラムの内容がマージされた新しいカラムが作成されます。

  5. 今作成したカラムを同じ方法でemail_domainカラムにマージしますが、今回は区切り記号として@を使用します。

タスクの結果

3つのカラムの内容がマージされます。姓名と各会社のWebドメインに基づく有効なメールアドレスを含んだカラムが作成されました。