コンポーネントを追加しリンクさせる - 6.5

接続プーリングを使用するルート

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
task
-machinelearning
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. パレットから、tPrejobtMysqlConnectiontRouteInputtMaptLogRowtMysqlOuputtPostjobtMysqlCloseの各コンポーネントをデザインワークスペースにドラッグアンドドロップします。[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、これらのコンポーネントをリンクさせます。
  2. [Trigger] (トリガー) > [On Component Ok] (コンポーネントがOKの場合)接続を使用して、tPrejobコンポーネントとtMysqlConnectionコンポーネントをリンクさせ、プレジョブをビルドします。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tRouteInputコンポーネントをtMapコンポーネントにリンクさせます。
  4. [Row] (行) > [New Output (Main)] (新規出力(メイン))接続を使用して、tMapコンポーネントをtLogRowコンポーネントに接続し、出力接続にrow2と名前を付けます。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tLogRowコンポーネントをtMysqlOuputコンポーネントにリンクさせます。
  6. [Trigger] (トリガー) > [On Component Ok] (コンポーネントがOKの場合)接続を使用して、tPostjobコンポーネントをtMysqlCloseコンポーネントにリンクさせ、ポストジョブをビルドします。
    警告:

    前述のルートとジョブの例で示したポストジョブでのtMysqlCloseの使用は、tESBProviderRequesttESBProviderResponsetESBProviderFault、またはtRestRequestのコンポーネントを含むデータサービス操作ジョブでは無効です。このようなジョブでは、tMySQLCloseのような接続終了コンポーネントを使用することはお勧めしません。データソースの接続の終了は、tESBProvider*コンポーネントおよびtRestRequestコンポーネントで直接実装されます。