データソース設定ファイルを設定する - 6.5

接続プーリングを使用するルート

EnrichVersion
6.5
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
task
-machinelearning
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. <TalendRuntimePath>/add-ons/datasources/dataserviceフォルダー内のMySQLデータベース設定ファイルdatasource-mysql.xmlに、データベース接続情報を設定します。
    <bean id="mysqlDataSource" class="com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.
    MysqlConnectionPoolDataSource">
        <property name="url" value="jdbc:mysql://localhost:3306/root"/>
        <property name="user" value="root"/>
        <property name="password" value=""/>
    </bean>
    
    <bean id="dataSource" class="org.apache.commons.dbcp.datasources.
    SharedPoolDataSource" destroy-method="close">
        <property name="connectionPoolDataSource" ref="mysqlDataSource"/>
        <property name="maxActive" value="20"/>
        <property name="maxIdle" value="5"/>
        <property name="maxWait" value="-1"/>
    </bean>
    
    <service ref="dataSource" interface="javax.sql.DataSource">
        <service-properties>
             <entry key="osgi.jndi.service.name" value="jdbc/sample"/>
        </service-properties>
    </service>
  2. この設定ファイルをTalend Runtimeコンテナディレクトリ内のデプロイフォルダーにコピーします。Studioでジョブを設定する際には、MySQLデータベースコンポーネントでデータソースのエイリアスjdbc/sampleが使用されます。これは必要に応じて変更することができます。