Studioでのカスタム接続の定義 - 7.0

独自のコンテキスト接続の定義

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

統合アクションをグループ化する場合と同様に、共通、データベース、データクオリティ、ファイル、およびSaasなど標準カテゴリー/フォルダーでコンテキスト接続を分類することをお勧めします。

例については、Studioでインポートできる Integration Cloud Demos (統合クラウドデモ)プロジェクトを参照してください。このデモプロジェクトについては、Talend Integration Cloud入門ガイドを参照して下さい。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Contexts] (コンテキスト)または接続を作成するフォルダーを右クリックして[Create context group] (コンテキストグループの作成)を選択します。
  2. 開いているウィザードで、コンテキストグループの名前と説明を入力します。
  3. [Next] (次へ)をクリックし、テーブルの接続名と値を設定します。
    接続に名前を付けるときは、厳密な規則に従う必要があります。
  4. [Finish] (完了)をクリックします。
    作成されたフォルダーは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Services] (サービス)ノードの下にリストされます。