独自のコンテキスト接続の定義 - 7.0

独自のコンテキスト接続の定義

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Cloudには一部のアプリケーションおよびシステムの定義済みプロパティがデフォルトでサポートされており、コンテキストパラメーターを定義する必要があります。ただし、独自の接続をコンテキストパラメーターとして定義し、サポートするシステムに接続するために使用することもできます。この方法ではコンテキスト変数を使用し、ランタイムで接続パラメーターを統合アクションに渡すことができます。

注:

ユースケースによっては、接続するシステムやアプリケーションのセキュリティを高めるためにカスタム接続を定義することをお勧めします。たとえば、アクションでtBatchAddressRowコンポーネントを使用する場合、StudioでAPIへのカスタム接続を作成し、フローを実行する前にWebアプリケーションで接続を定義することができます。