Talend SAP RFC Serverの設定 - Cloud

Windows 向けTalend Cloudインストールガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend SAP RFC Serverの設定ファイルtsap-rfc-server.propertiesは、$TSAPS_HOME/confディレクトリーの下にあります。この$TSAPS_HOMETalend SAP RFC Serverがインストールされたディレクトリーに相当し、デフォルトでは<$INSTALLDIR>/sap-rfc-serverです。Talend SAP RFC Serverを起動する前に、必要に応じてサーバーのいくつかの追加のフィーチャーを有効にするようにファイルを設定することができます。

注:
  • Talend SAP RFC ServerはSAPクラスター設定をサポートしていません。
  • 設定ファイルを変更するには、Talend SAP RFC Serverの再起動が必要になります。
  • ユーザー認証を有効にするには、設定ファイルで次の3つのパラメーターのコメントを解除し、その値を設定する必要があります。

    # File system directory containing jaas authentication configuration
    rfc.server.jms.login.config=conf/user-authentication/login.config
    
    # A jaas username used to authenticate a publisher or sender
    rfc.server.jms.login.username=talenduser
    
    # A jaas password used to authenticate a publisher or sender
    rfc.server.jms.login.password=talendpassword

    ユーザー名とパスワードの値は、tSAPIDocReceiverコンポーネントまたはtSAPDataSourceReceiverコンポーネントがTalend SAP RFC Serverに接続する際に使用されるため、$TSAPS_HOME/conf/user-authentication/users.propertiesファイルに存在している必要があります。このファイルでは、各行はユーザー名とパスワードのペアを表し、ユーザー名の値は等号の左側にあり、パスワードの値は等号の右側にあります。

    # username=password
    talenduser=talendpassword

    ユーザー認証を有効にしない場合、tSAPIDocReceiverコンポーネントまたはtSAPDataSourceReceiverコンポーネントもユーザーおよびパスワードフィールドの値を設定することなくTalend SAP RFC Serverに接続できることに注意して下さい。

  • SSL転送メカニズムを有効にするには、SSLのキーストアファイルを$TSAPS_HOME/confフォルダーにコピーしてから、以下の2つのパラメーター、キーストアファイルへのパス、およびキーストアファイルのパスワードのコメントを解除し、設定ファイルで値をセットする必要があります。
    # The path to a key store for SSL
    rfc.server.jms.ssl.keystore.path=conf/mybroker.ks
    
    # A password for a key store for SSL
    rfc.server.jms.ssl.keystore.password=talendkeystore
  • SAP IDocsの持続性を設定するには、設定ファイルで以下のパラメータのコメントを解除し、値をtrueに設定する必要があります。

    # Whether JMS messages are persisted or not
    rfc.server.jms.persistence=true
  • SAP IDocをTalend SAP RFC Serverの持続的キューに保管するには、設定ファイルで次のパラメーターのコメントを解除し、値をtrueに設定する必要があります。

    # Whether JMS messages should be replicated in durable queues
    rfc.server.jms.replicate.in.durable.queues=true

    こうすることで、Talend SAP RFC ServerではIDocsの名前が付くキューで受信したすべての IDocのコピーが保持されます。これは、バッチモードでtSAPIDocsReceiverコンポーネントを動作させるためのものです。レシーバーが実行されると、最後の実行以降に持続性キューに格納されている全てのIDocが収集されます。

    デフォルトでは、メッセージはキューに最大7日間保持されます。保存期間を変更するには、設定ファイルで次のパラメータをコメントし、独自の要件を満たすようにその値を更新します。次の例では、保存期間を10日間延長しています。

    # ISO8601 retention period for JMS messages in durable queues
    rfc.server.jms.durable.queues.retention.period=P10D
  • 組み込みのブローカーではなくリモートブローカーに接続するには、次のパラメーターのコメントを解除し、リモートブローカーのURLを設定する必要があります。

    # when active, connects to a remote broker instead of an embedded one
    rfc.server.remote.broker.url=tcp://localhost:61616
  • ブローカーのサービスをJMXに公開するには、次のパラメーターのコメントを解除し、値をtrueに設定する必要があります。

    # Sets whether or not the Broker's services should be exposed into JMX or not.
    rfc.server.jms.jmx=true