Remote Engineの自動インストール - Cloud

Windows 向けTalend Cloudインストールガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. インストーラーファイルを管理者として実行します。
  2. Talend Cloudアカウントのリージョンを選択します。
    • AWS - 米国東部
    • AWS - 欧州
    • AWS - アジア太平洋
    • Azure - 米国西部
    • Cloud - カスタム
    リージョンはTalend Cloud URLに反映されます。たとえば、URLがhttp://us.cloud.talend.comである場合は、リージョンにAWS - 米国東部を選択する必要があります。
  3. Talend Cloud Management Consoleで生成されたRemote Engineキーを[Preauthorized key] (事前承認済みキー)ボックスに貼り付けます。

    Talend Cloud Management ConsoleでRemote Engineキーを生成する方法は、『Talend Remote Engineユーザーガイド』を参照して下さい。

  4. オプション: [Use HTTP proxy] (HTTPプロキシの使用)チェックボックスをオンにし、サーバーとポートの詳細を入力します。
  5. オプション: [Use Proxy Authentication] (プロキシ認証の使用)チェックボックスをオンにし、ユーザークレデンシャルを入力します。
  6. ウィザードの手順に従ってインストールを完了します。