互換性のあるJava環境 - Cloud

Windows 向けTalend Cloudインストールガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の表は、Talend製品を使用するためにダウンロードしてインストールするべき推奨Java環境に関する情報を示しています。

Compiler Compliance Levelは、ジョブコード生成に使用されるJavaバージョンに対応します。このオプションは、Studio環境設定で変更できます。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

注: 全てのTalend製品および、Hadoopクラスターなどの関連するサードパーティアプリケーションは、コンプライアンスのために同じJavaバージョンを使用する必要があります。Talendでは、関連するサードパーティアプリケーションをインストールまたはアップグレードする前に、 サポートされているJavaバージョンを確認することを推奨しています。

このドキュメンテーションでは、次のように使用されています。

  • 推奨: 経験とカスタマー事例に基づいてTalendにより推奨される環境を示します。
  • サポート: リストされているコンポーネントまたはサービスの使用においてサポートされる環境を示します。
  • 制限付きでサポート: メモで説明されている特定の条件付きでTalendによってサポートされる環境を示します。

Studio Java環境

サポートタイプ JREバージョン メモ
推奨 OpenJDK 8 推奨されるディストリビューション: Zulu
推奨 Oracle 8 Studio JDKコンパイラー準拠レベル1.8 (デフォルト)
サポート OpenJDK 11 推奨されるディストリビューション: Zulu
サポート Oracle 11 Studio JDKコンパイラー準拠レベル11 (デフォルト)

サーバーJava環境

JREバージョン Big Data Distributions Talend Administration Center コメント/制限
OpenJDK 8 Java 1.8と互換性あり (R) 推奨されるディストリビューション: Zulu
Oracle 8 Java 1.8と互換性あり (R) Studio JDKコンパイラー準拠レベル1.8と互換性あり
OpenJDK 11 推奨されるディストリビューション: Zulu
Oracle 11 Studio JDKコンパイラー準拠レベル11と互換性あり

クラウドエンジンおよびRemote EngineのJava環境

エンジンタイプ エンジンバージョン Javaバージョン Module (モジュール) アーティファクト
Talend Studio 7.1以前で作成、Java 8で実行 Talend Studio 7.2で作成、Java 8で実行 Talend Studio 7.2で作成、Java 11で実行(Java 8と互換性あり)
Cloud Engine N/A Java 8 Data Integration
Remote Engine バージョン2.5 Java 8 Data Integration
ビッグデータ
APIサービス
バージョン2.6 Java 8 Data Integration
ビッグデータ
APIサービス 1
Java 11 Data Integration
ビッグデータ
APIサービス

1マイクロサービスのデプロイはサポートされていますが、Talend Runtime (OSGi)のデプロイはサポートされていません。