ビルドスクリプトテンプレートをコマンドラインで使用するようにカスタマイズする - 7.0

Talend StudioのカスタマイズとStudioの環境設定

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

ビルドスクリプトテンプレートをコマンドライン(これはGUIなしのTalend Studioと同等です) で使用するようにカスタマイズする場合は、スクリプトファイルが保存されているディレクトリに移動します(例: <studio_installation_directory>\workspace\<project_name>\process\CA_customers)。次に、スクリプトファイルを必要に応じてカスタマイズします。

Mavenオプションが有効な状態でジョブ、ルート、またはサービスがビルドされると、修正されたスクリプトファイルが考慮されます。

注:

コマンドラインで使用するグローバルビルドスクリプトのテンプレートに対する直接のカスタマイズはありません。この場合の対処法として、ジョブには<studio_installation_directory>\workspace\<project_name>\process\、ルートには <studio_installation_directory>\workspace\<project_name>\routes\、またはサービスには<studio_installation_directory>\workspace\<project_name>\services\のルートディレクトリにテンプレートファイルを追加してから、XMLファイルを修正するという方法があります。これらのスクリプトテンプレートは、すべてのフォルダー内のすべてのジョブ、ルート、またはサービスに適用されます。ただし、独自のビルドスクリプトテンプレートがセットアップされているものは除きます。

CommandLineの詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』の「付録A」を参照して下さい。