Javaインタープリターのパス(Talend) - 7.0

Talend StudioのカスタマイズとStudioの環境設定

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

Javaインタープリターのパスは、コンピューター上のJavaファイルの位置に基づいて設定されます(たとえば、C:\Program Files\Java\jre1.8.0_51\bin\java.exe)。

Javaインタープリターのパスをカスタマイズするには

手順

  1. 必要に応じて、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスのツリービューでTalend [Talend] ノードをクリックします。
  2. デフォルトのディレクトリが正しいパスを表示しない場合は、[Java interpreter] (Javaインタープリター)フィールドにパスを入力します。

タスクの結果

同じビューで、プレビューの制限、一時ファイルのパス、またはOS言語を変更することもできます。