パネルの位置を変更する - 7.0

Talend StudioのカスタマイズとStudioの環境設定

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

開いているStudioにあるパネルはすべて、必要に応じて自由に移動できます。

必要な操作は、パネルやタブの上境界線をクリックし、マウスボタンでそのパネルをターゲットの場所にドラッグするだけです。マウスを放すとパネルの位置が変更します。

対応するパネルを最小化/最大化するには、最小化/最大化のアイコン(/)をクリックします。パネルやビューの表示を切り替える方法の詳細は、ジョブ設定タブやビューの表示を参照して下さい。

タブ/ビューを閉じるには、閉じるアイコン( )をクリックします。再びビューを開くには、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示) > Talendとクリックし、現在のビューに追加するパネルの名前をクリックします。

パレットが表示されていなかったり、別個のパネルとして設定する場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view...] (ビューの表示...) > [General] (一般設定) > [Palette] (パレット)に進みます。パレットが個別のビューで開き、パースペクティブ内で自由に移動できるようになります。