マッピングファイルへのアクセス - 7.0

Talend StudioのカスタマイズとStudioの環境設定

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーで、をクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[General] (一般)を展開し、Talend Type]のメタデータを選択し、該当するビューを開きます。
    [Metadata Mapping File] (メタデータマッピングファイル)エリアに、Talend Studioで使用される各データベースタイプの変換パラメーターが保存されたXMLファイルが表示されます。
    • [Import] (インポート)[Export] (エクスポート)[Remove] (削除)をクリックし、変換ファイルをインポート、エクスポート、削除できます。

    • 変換ファイルは 必要に応じて変更できます。 ファイルを選択し、[Edit] (編集)ボタンをクリックして[Edit mapping file] (マッピングファイルの編集)ダイアログボックスを開き、そこで直接XMLコードを変更して下さい。