XMLデータベースからリレーショナルデータベースへのシステムオブジェクトの手動移動 - 7.1

Talend Open Studio for MDM インストールおよびアップグレードガイド Mac

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for MDM
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio

始める前に

MDMサーバーが両方とも実行している間にこの操作を行えます。ただし、Talend StudioServer Explorerパネルで、それぞれが接続されていなければなりません。または、XMLデータベースを使うサーバーでエクスポートし、サーバーを停止し、リレーショナルデータベースを使うサーバーを起動して、インポートを完了することもできます。また、5.6.1または5.6.2から6.0.1以降に移行する場合は、パッチをインストールする必要があります。このパッチを入手するには、Talendサポートにお問い合わせ下さい。
注: 1台のコンピュータの2つのデータベース間で移行する必要がある場合は、2台のMDMサーバーを並べて実行する必要があります。これはターゲットサーバーで別のポートバインディングを設定して行えます。

手順

  1. XMLデータベースを使うサーバーに接続されたTalend StudioMDM Repositoryツリービューで、リポジトリーアイコンバーの[Import Server Objects from MDM] (MDMからサーバーオブジェクトのインポート)ボタンをクリックします。
  2. [Import Server Objects from MDM Server] (MDMサーバーからサーバーオブジェクトのインポート)ウィンドウが開いたら、[...]ボタンをクリックし、システムコンテナをインポートするサーバーを指定します。
  3. [Deselect all] (すべて選択解除)ボタンをクリックして、[Data Container] (データコンテナ) > [System] (システム)を展開します。CONFPROVISIONINGSearchTemplateの各コンテナを選択し、[Finish] (終了)をクリックして、リポジトリーにコンテナをインポートします。
  4. Talend Studio[MDM Repository]ツリービューで、[Data Container] (データコンテナ)と[System] (システム)を展開します。CONFコンテナを右クリックして、[Export content from MDM Server] (MDMサーバーのコンテンツをエクスポート)をクリックします。
  5. エクスポート操作を実行するサーバーを指定します。
  6. コンテナをエクスポートする場所を探し、.zipファイルにファイル名を付け、[Save] (保存)をクリックします。
  7. 残りの2つのコンテナPROVISIONINGSearchTemplateに上記の手順を繰り返します。
  8. リレーショナル データベースを使用するサーバーに接続されたTalend Studio[MDM Repository]ツリービューで、[Data Container] (データコンテナ)と[System] (システム)を展開します。CONFコンテナを右クリックして、[Import content to MDM Server] (MDMサーバーにコンテンツをインポート)をクリックします。
  9. システム コンテナを含む.zipファイルを保存した場所を探し、インポートするファイルを選択して、[Open] (開く)をクリックします。
  10. 残りの2つのコンテナPROVISIONINGSearchTemplateに上記の手順を繰り返します。