R2020-06の新機能 - 7.3

Talend Data Integration製品リリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
task
Release Notes
インストールとアップグレード

R2020-06 Studio月次リリースに含まれている新機能は次のとおりです。

ビッグデータ: 新しい機能

機能

説明

製品

Cloudera Data Platform (CDP)のサポート Hadoopクラスターに接続を設定する時にCloudera CDP 7.1を選択できるようになりました。また、CDP Private Cloud Base 7.xのダイナミックディストリビューションを追加して使用することもできます。

Talend StudioのCDP統合に新しく導入された依存項目管理システムにより、ランタイム時のジョブのパフォーマンスが向上します。

CDPでサポートされているエレメントは次のとおりです。
  • Data Integrationコンポーネント:
    • HBase
    • HDFS
    • Hive
  • Sparkバッチコンポーネント:
    • Azure Blob Storage
    • HBase
    • HDFS
    • Hive
    • Kudu
  • Sparkストリーミングコンポーネント:
    • Azure Blob Storage
    • HBase
    • HDFS
    • Hive
    • Kafka
Microsoft HD Insight 4.0のサポート 標準ジョブ、およびSpark v2.3とv2.4を使用するSparkジョブで、Microsoft HD Insight 4.0ディストリビューションを使用できるようになりました。この新しいサポートには次のような特徴があります。
  • Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen2のサポート: このストレージオプションは、HiveかHDFSを使用してtAzureFSConfigurationで接続を構成する場合に利用できます。ADLS Gen2は、メタデータでHD Insightへの一元接続を設定する時にプライマリーストレージとして使用することもできます。
  • ADLS Gen2とAzure Blob Storageへの接続を保護するTLSのサポート
HD Insightで実行されるジョブのステータスのチェック ジョブがまだ実行中かどうかをチェックする場合は、このジョブのステータスを取得するポーリングを設定します。ジョブの[Run] (実行)ビューにある[Spark Configuration] (Spark設定)タブの[Job status polling configuration] (ジョブステータスのポーリング設定)セクションで、ポーリングどうしの間隔と最大試行数を指定します。
Databricksプールの使用 プールを使えばDatabricksクラスターの起動時間と自動スケーリング時間を短縮できます。ジョブの[Run] (実行)ビューにある[Spark Configuration] (Spark設定)タブで[Use pool] (プールを使用)チェックボックスを選択し、使用するプールのIDを指定します。また、[Use transient cluster] (一時クラスターを使用)チェックボックスを選択する必要もあります。Databricksプールの詳細は、Databricksのドキュメンテーションでプールを参照してください。

Azure ADLS Gen2コンポーネント: Azure Active Directory認証のサポート

次のAzure ADLS Gen2コンポーネントで、Azure Active Directory認証(AD認証)がサポートされるようになりました。

  • tAzureAdlsGen2Input
  • tAzureAdlsGen2Output

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

製品

コンテキストのプロパゲート機能のさらなる強化 ブランチのマージ時に発生するGit/SVN技術ファイル競合の解決方法が改善されたことにより、リファレンスプロジェクトにおけるコンテキストのプロパゲート機能がさらに強化されました。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Microsoft SQL Serverメタデータウィザードの更新 Talend Studioメタデータウィザードで、Microsoft SQL ServerのデフォルトデータベースバージョンがMicrosoftに変更されました。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Stitchコネクターの統合 Talend StudioのデザインワークスペースとパレットでStitchコネクターを検索できるようになりました。検索結果によってStitchのWebページが開き、選択したコネクターに関する説明が表示されます。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

tDataprepRunの強化

tDataprepRunコンポーネントでダイナミックスキーマ機能がサポートされるようになりました。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

利用できる新コンポーネント

今回のリリースで次の2つのコンポーネントが追加されました。

  • tCosmosDBSQLAPIInput: SQL APIを介し、Cosmosデータベースコレクションからデータを取得します。
  • tCosmosDBSQLAPIOutput: SQL APIを介し、前のコンポーネントからの入力フローに基づいてCosmosデータベースコレクションでドキュメントを挿入、更新、アップサート、削除します。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Snowflakeコンポーネント: 外部OAuthサポートの提供

次のSnowflakeコンポーネントによるデータアクセスで、外部OAuthがサポートされるようになりました。

  • tSnowflakeBulkExec
  • tSnowflakeConnection
  • tSnowflakeInput
  • tSnowflakeOutput
  • tSnowflakeOutputBulk
  • tSnowflakeOutputBulkExec
  • tSnowflakeRow

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

MS SQL Serverのコネクター: デフォルトのJDBCプロバイダーをMicrosoftの公式ドライバーに変更

次のコンポーネントで、デフォルトのJDBCプロバイダーがMicrosoftの公式ドライバーに変更されました。

  • tCreateTable
  • tELTMSSqlMap
  • tMSSqlBulkExec、tMSSqlConnection、tMSSqlInput、tMSSqlOutput、tMSSqlOutputBulkExec、tMSSqlRow、tMSSqlSCD、tMSSqlSP、tMSSqlCDC、tMSSqlInvalidRows、tMSSqlValidRows

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

tJDBCInput: ダイナミックカラムでの予期しない文字変換を防ぐ新しいオプションの提供

tJDBCInputコンポーネントに追加された[Allow special character in dynamic table name] (ダイナミックテーブル名で特殊文字を許可)オプションによって、入力テーブルのカラム名に使われる特殊文字をそのまま保持できるようになりました。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform