R2020-08で注目される修正 - 7.3

Talend Data Integration製品リリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
task
Release Notes
インストールとアップグレード

R2020-08 Studio月次リリースで注目される修正は次のとおりです。

今回のStudio月次リリースで修正されたバグをすべて網羅したリストについては、R2020-08の変更ログをご覧ください。

ビッグデータ

問題

説明

製品

CDP7.1.xでKerberosを使用するとSparkジョブが動作しない

ジョブサーバーが使用されておらず、jarの特定のグループが送信されるべきではない時に送信された場合に発生するYarnクライアントの問題が解決しました。

BDストリーミングジョブをビルドできない

MapR 6.0.1をカスタムディストリビューションとして使い、バージョン6.5からバージョン7.3に移行した際のSpark Streamingジョブのビルド作業が正しく動作するようになりました。

移行したジョブでコンパイルエラーが発生する

バージョン6.4からバージョン7.3への移行時に表示される「文字列リテラルが二重引用符で正しく閉じられていません」というコンパイルエラーが、下位バージョンである7.xへの中間移行で解決されました。

本来は適用すべきではないトリム操作をtFileOutputDelimitedが適用してしまう

新しい実装でtFileOutputDelimitedがトリム操作を適用してしまう原因となっていた問題が、下位互換性で解決されました。

Spark UIの問題(org.glassfish.jersey.servlet.ServletContainer.service)

CDH 6.3.3のダイナミックディストリビューションを使ってSparkストリーミングジョブを実行した時にSpark UIの[Executors] (エグゼキューター)タブ発生していたエラーが解決しました。このエラーは、パッチ適用後に新しいダイナミックディストリビューションを作成することで回避できました。

Data Integration

問題

説明

製品

Talend Studio起動時のパフォーマンスの問題 次の操作によってTalend Studioの起動時のパフォーマンスが向上しました。
  • インストールされていないパッチに対してのみ検証チェックを行う
  • Talend Administration Centerでユーザーライブラリーとソフトウェアアップデート用に異なる2つのNexusサーバーが設定されている場合は、ユーザーライブラリーと共有ライブラリー用に設定されたNexusサーバーで検索する
  • ライセンス検証時に各プラグインの不要なチェックを取り除く

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

ESB

問題

説明

製品

TESB-28966 cMQTT コンポーネントが、クライアントが起動する前に公開されたActiveMQトピックからのメッセージを使用しない

この問題は、cMQTT コンポーネントにcleanSessionパラメーターとclientIdパラメーターを追加することによって修正されました。

TESB-29126 cRestコンポーネントでSimpleAuthorizingFilterを指定すると動作しなくなる

この問題は、顧客がcRESTコンポーネントの詳細設定でprovidersパラメーターを制御できるようにしたことで修正されました。

TESB-29278 tRESTXXXコンポーネントでSwagger機能が有効になったサービスが Talend Runtimeにデプロイされると、Swagger UIが更新されない

この問題はApache CXF Swagger機能のバグを起因とするものでしたが、現在は修正されています。

TESB-29457 Talend Studio 5.5.1.1 から 7.1.1.1に移行すると、WebサービスジョブがtRESTResponseコンポーネントから異なるレスポンスコードを返す

この問題は修正されました。

TESB-29613 cMQConnectionFactory コンポーネントで[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用)オプションを有効にすると、RoutesとActiveMQ間の接続数が過剰に増える

この問題は修正されました。

TESB-29751 RCPスタイル操作がcSOAPでサポートされていない

RCPスタイル操作がサポートされるようになりました。

TESB-29903 Talend RuntimeでルートをデプロイするとClassCastException: net.minidev.json.JSONArrayが発生する

この問題は修正されました。