ルックアップ内部結合リジェクト - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

内部結合は一種のルックアップ結合で、内部結合リジェクトテーブルは、特定タイプのリジェクト出力となります。これにより内部結合の確立失敗後、メイン行テーブルからリジェクトデータが収集されます。

出力フローをリジェクトされた内部結合データのコンテナとして定義するには、[Map Editor] (マップエディター)でジョブに接続する出力コンポーネントを新規作成します。さらに[Map Editor] (マップエディター)で、次の手順に従います。

手順

  1. 出力テーブルの上部の[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックして、テーブルプロパティを表示します。
  2. [Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクトのキャッチ)に対応する[Value] (値)フィールドをクリックして表示される[...]ボタンをクリックし、[Options] (オプション)ダイアログボックスを表示します。
  3. [Options] (オプション)ダイアログボックスで、[true] (真)をダブルクリックするか、選択してから[OK]をクリックして設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。