LDAP接続の一般的なプロパティを定義する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. [Name] (名前)、[Purpose] (目的)、[Description] (説明)など、作成するLDAP接続を識別するための一般的な情報を対応するフィールドに入力します。
    [Name] (名前)フィールドは必須です。また、[Description] (説明)フィールドに入力した情報はLDAP接続でマウスオーバーすると、ツールヒントとして表示されます。
  2. 必要に応じて、[Version] (バージョン)フィールドと[Status] (ステータス)フィールドを設定します。[Repository] (リポジトリ)アイテムのバージョンとステータスは、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスでも管理できます。詳細は、バージョン管理およびステータス管理を参照して下さい。
  3. 必要に応じて、[Path] (パス)フィールドの横の[Select] (選択)ボタンをクリックし、[LDAP] (LDAP)ノードの下の作成したLDAP接続を格納するフォルダーを選択します。
  4. [Next] (次へ)をクリックして、LDAPサーバー接続情報を定義します。