入力スキーマとリンカーターゲットスキーマの定義 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

この手順では、業務ニーズに基づいて[Input Schema] (入力スキーマ)[Linker Target] (リンカーターゲット)スキーマを定義する必要があります。

[Linker Target] (リンカーターゲット)エリアのXMLツリーは自動的に取得されます。

手順

  1. [Linker Source] (リンカーソース)エリアで[Input Schema] (入力スキーマ)をクリックしてスキーマエディターを開き、入力スキーマを定義します。
  2. ボタンをクリックして必要に応じてカラムを追加し、スキーマを定義します。終了したら[OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  3. [Linker Target] (リンカーターゲット)エリアで、ループを実行するノードreasonを右クリックし、ループを実行し、この例のようにして、コンテキストメニューから[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
  4. [Linker Source] (リンカーソース)エリアから[Linker Target] (リンカーターゲット)スキーマの[Related Column] (関連カラム)フィールドにカラムをドロップします。
    注:

    Ctrl+Shiftキーを使うと、複数のフィールドを選択してドロップでき、すばやくマッピングできます。右クリック操作でも複数の選択ができます。

  5. [Output Schema] (出力スキーマ)をクリックし、出力スキーマエディターにXMLという新しいカラムを追加します。
  6. [Output-Management] (出力管理)エリアの[XML Field] (XMLフィールド)リストでXMLを選択し、[Next] (次へ)をクリックして、完了した入力スキーマと出力スキーマを表示します。