Marketoメタデータの一元化 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

Talend Studioの提供するMarketoメタデータウィザードを使用すれば、Marketoへの接続をすばやくセットアップし、REST APIを使用して目的のカスタムオブジェクトのスキーマを取得することができます。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、Marketoツリーノードを右クリックしてコンテキストメニューから[Create Marketo] (Marketoの作成)を選択し、Marketoウィザードを開きます。
  2. [Marketo REST Connection Settings] (Marketo REST接続設定)ダイアログボックスで、次のテーブルにリストされているプロパティに値を指定(または必要なら更新)します。
    Property 説明

    接続名

    作成する接続の名前を入力します。

    エンドポイントのアドレス

    Marketo WebサービスのAPIエンドポイントURLを入力します。APIエンドポイントURLは、Marketo [Admin] (管理者) > [Web Services] (Webサービス)パネルにあります。

    [Client access ID] (クライアントアクセスID)

    Marketo WebサービスにアクセスするためのクライアントIDを入力します。

    [Secret key] (秘密キー)

    Marketo Webサービスにアクセスするためのクライアントシークレットキーを入力します。

    [Timeout] (タイムアウト)

    Marketo Webサービスへの接続の試行が終了するまでのタイムアウト値(ミリ秒)を入力して下さい。

    [Max reconnection attempts] (再接続試行最大回数)

    試行を断念するまでのMarketo Webサービスに対する再接続試行の最大回数を入力します。

    [Attempt interval time] (試行間隔)

    その後の再接続試行までの間隔(ミリ秒)を入力します。

  3. [Test connection] (接続のテスト)をクリックして設定を確認します。
    入力した接続情報が正しければ、接続に成功したことを示すダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。[Next] (次へ)ボタンが使用できる状態になります。
  4. [Next] (次へ)をクリックして次の手順に進み、目的のカスタムオブジェクトを選択します。
  5. スキーマを取得するカスタムオブジェクトを選択し、[Finish] (終了)をクリックします。
    新しく作成したMarketo接続が、[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内の[Marketo]ノードの下に、目的のカスタムオブジェクトのスキーマと共に表示されます。
    これで、作成したMarketo接続、または[Repository] (リポジトリー)ビューから取得したカスタムオブジェクトをドラッグ&ドロップするだけの操作で、Marketoコンポーネントをデザインワークスペースに追加し、接続またはスキーマ情報を再利用できるようになります。コンポーネントメタデータをワークスペースにドロップすることについての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するを参照して下さい。Marketoコンポーネントの使用については、Marketoコンポーネントの関連ドキュメンテーションを参照して下さい。
    作成したMarketo接続メタデータを変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Marketo] (Marketoの編集)を選択し、メタデータセットアップウィザードを開きます。
    目的のカスタムオブジェクトのスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューでカスタムオブジェクトノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択し、スキーマの更新ウィザードを開きます。