コンテキスト設定 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

自分のジョブで使用するデフォルトのコンテキストパラメーターを定義できます。

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーで、をクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[Job Settings] (ジョブ設定)ノードを展開し、[Implicit Context Load] (暗黙的なコンテキストのロード)チェックボックスをオンにして、暗黙的なtContextLoad機能の設定パラメーターを表示します。
  3. 自分のコンテキストを格納するファイルのタイプに基づいて、[From File] (ファイルから)チェックボックス、または[From Database] (データベースから)チェックボックスをオンにします。
  4. ファイルの場合は、[From File] (ファイルから)フィールドにファイルパスを、[Field Separator] (フィールド区切り)フィールドにフィールド区切りをそれぞれ入力します。
  5. データベースの場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストで[Built-in] (組み込み)モード、または[Repository] (リポジトリ)モードを選択し、続くフィールドに入力します。
  6. [Table Name] (テーブル名)フィールドと[Query Condition] (クエリ条件)フィールドに入力します。
  7. 変数はロードされたもののコンテキストに存在しない(またはその逆の)場合に備え、受信するシステムメッセージのタイプ(警告、エラー、情報)を選択します。
  8. [Apply] (適用)をクリックして変更を確定し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。