サブエレメントまたは属性をXMLツリー構造に追加する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

XMLツリー構造ビューでは、必要に応じて手動でサブエレメントまたは属性をルートまたは任意の既存のエレメントに追加できます。

このいずれかのオペレーションを実行するには、次の手順に従います。

手順

  1. 編集の必要なXMLツリーで、サブエレメントまたはその下の属性を追加する必要があるエレメントを右クリックして、目的に応じて[Create Sub-Element] (サブエレメントの作成)または[Create Attribute] (属性の作成)を選択します。
  2. ポップアップの[Create New Element] (エレメントの新規作成)ウィザードで、追加するサブエレメントまたは属性に使用する名前を入力します。
  3. [OK]をクリックして、この作成を確定します。新しいサブエレメントまたは属性は、編集中のXMLツリー構造に表示されます。