ユーザー定義のSQLテンプレートを作成する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ELTで達成する必要のある変換は特定のSQLテンプレートで実現できる範疇を超えているためTalend Studioでは、いくつかの記述ルールに従って独自のSQLテンプレートを開発できるようにしています。これらのSQLテンプレートは、UserDefined (ユーザー定義)フォルダーに保存され、それらが使用されるデータベースのタイプに従ってグループ化されます。

SQLテンプレートの記述ルールの詳細は、SQLステートメントを参照してください。

ユーザー定義のSQLテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[SQL Templates] (SQLテンプレート)を展開し、SQLテンプレートを作成するカテゴリを展開します。
  2. [UserDefined] (ユーザー定義)を右クリックし、[Create SQLTemplate] (SQLテンプレートの作成)を選択して、[New SQLTemplate] (新しいSQLテンプレート)ウィザードを開きます。
  3. テンプレートを作成するために必要な情報を入力し、[Finish] (終了) をクリックして、ウィザードを閉じます。
    新たに作成されたテンプレートの名前が、[Repository] (リポジトリ)ツリービューのUserDefined (ユーザー定義)の下に表示されます。また、設計ワークスペースでSQLテンプレートエディターを開き、そこで、新たに作成するテンプレートのコードを入力することもできます。
    ユーザー定義のSQLテンプレートをジョブで使用する方法の詳細は、Iterating on DB tables and deleting their content using a user-defined SQL templateを参照して下さい。