バージョン管理 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

また、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの[General] (一般設定) > [Version Management] (バージョン管理)を通じて、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで各アイテムのバージョンを管理することもできます。

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーで、をクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[General] (一般設定)を展開し、[Version Management] (バージョン管理)を選択して該当するビューを開きます。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、バージョンを管理するアイテムが含まれているノードを展開し、そのアイテムのチェックボックスをオンにします。
    選択されたアイテムが右の[Items] (アイテム)リストに表示されます。そのとなりの[Version] (バージョン)カラムには現在のバージョンが、[New Version] (新規バージョン)カラムには設定された新しいバージョンがそれぞれ表示されます。
  4. 必要に応じて変更します。
    • [Options] (オプション)エリアで[Change all items to a fixed version] (全てのアイテムを一定のバージョンに変更)オプションを選択し、選択されたアイテムのバージョンを一定のバージョンに変更します。

    • 変更を取り消す場合は、[Revert] (戻す)をクリックします。

    • 選択されたアイテムに依存するアイテムを全て同時に更新する場合は、[Select all dependencies] (全ての依存関係を選択)をクリックします。

    • 選択されたアイテムに依存するサブジョブを全て同時に更新する場合は、[Select all subjobs] (全てのサブジョブを選択)をクリックします。

    • アイテムの各バージョンを高くするには、[Update the version of each item] (各アイテムのバージョンの更新)オプションを選択し、手動で変更します。

    • どのように更新されるかにかかわらず、バージョン化されるtRunJobで、現在のバージョンの父親ジョブが現在のバージョンの子のジョブを引き続き使用するようにする場合は、[Fix tRunjob versions if Latest] (最新の場合はtRunjobのバージョンを同一にする)チェックボックスをオンにします。たとえばtRunJobによって、父親と子の両方のレベルで、現在のバージョン1.01.1に更新されます。このチェックボックスを選択すると、父親ジョブ1.0は、更新が完了した時の最新バージョン(バージョン1.1など)ではなく、引き続き子ジョブ1.0を使用します。

      警告: このチェックボックスを使用するには、バージョン化されるtRunjobで、父親ジョブが現在のバージョンとして最新バージョンの子ジョブを使用していることが必要です。この最新バージョンは、子ジョブの[Component] (コンポーネント)ビューにあるドロップダウンバージョンで[Latest] (最新)オプションを選択して取得します。
  5. [OK]をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

注: バージョン管理の詳細は、ジョブおよびルートのバージョン管理を参照してください。