区切り記号付きファイルメタデータの一元管理 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

区切り記号付きファイルに対してデータの読み取りや書き込みを頻繁に行う必要がある場合は、[Repository] (リポジトリ)でメタデータを一元化することで、簡単に再利用できます。区切り記号付きファイルメタデータは、tFileInputDelimitedtFileOutputDelimitedt*OutputBulkの各コンポーネントのプロパティを定義するために使用できます。

注:

ファイルスキーマの作成方法は、全てのタイプのファイル接続(区切り記号付き、固定長、正規表現、XML、またはLdif)でほとんど同様です。

データベース接続ウィザードとは異なり、[New Delimited File] (新規の区切り記号付きファイル)ウィザードでは、4つの手順でファイル接続とスキーマ定義が収集されます。

区切り記号付きファイル接続を最初から作成するには、まず[Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開します。次に[File Delimited] (区切り記号付きファイル)を右クリックして、コンテキストメニューから[Create file delimited] (区切り記号付きファイル接続の作成)を選択し、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

ジョブで定義したファイル接続とスキーマを一元管理するには、該当するコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー([Property Type] (プロパティタイプ)[Built-in] (組み込み)に設定)でアイコンをクリックし、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

このウィザードで一般的なプロパティとファイルスキーマを定義します。

これで、ファイル接続またはそのスキーマを[Repository] (リポジトリー)ツリービューでドラッグして、新規のコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップするか、既存のコンポーネントにドロップしてメタデータを再利用できるようになりました。ジョブで一元管理されるメタデータの使用方法についての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するおよびジョブ内にリポジトリスキーマを設定するを参照して下さい。

既存のファイル接続を変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、[Edit file delimited] (区切り記号付きファイルの編集)を選択して、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

既存のファイル接続に新規スキーマを追加するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve Schema] (スキーマ情報の取得)を選択します。

既存のファイルスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリー) ツリービューでスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択します。