リポジトリーからスキーマ構造を取得する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

選択したテーブルのスキーマ構造をリポジトリーから取得するには、以下のようにします:

手順

  1. テーブルの上部にある[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックして、テーブルプロパティを表示します。
  2. [Schema Type] (スキーマタイプ)[Value] (値)フィールドをクリックして表示される[...]ボタンをクリックし、[Options] (オプション)ダイアログボックスを開きます。
  3. [Options] (オプション)ダイアログボックスで、[Repository] (リポジトリ)をダブルクリックするか、選択してから[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じると、[Schema Type] (スキーマタイプ)の下に[Schema Id] (スキーマID)プロパティが表示されます。
    注: ここでリポジトリスキーマアイテムを指定せずに[Map Editor] (マップエディター)を閉じると、スキーマタイプは[Built-In] (組み込み)に戻ります。
  4. [Schema Id] (スキーマID)[Value] (値)フィールドをクリックして表示される[...]ボタンをクリックし、[Repository Content] (リポジトリのコンテンツ)ダイアログボックスを表示します。
  5. [Repository Content] (リポジトリのコンテンツ)ダイアログボックスで、全てのコンポーネントで一元管理されているスキーマから作成中のスキーマを選択して、[OK]をクリックします。
    [Schema Id] (スキーマID)[Value] (値)フィールドには、ここで選択したスキーマが入力され、テーブルに対する[Schema editor] (スキーマエディター)パネルの内容はすべて読み取り専用となります。
    警告: 結合の従属テーブルのスキーマタイプを[Built-In] (組み込み)から[Repository] (リポジトリー)に変更すると、結合が失われます。
    注: [Map Editor] (マップエディター)で作成したテーブルのスキーマを変更すると、tMapコンポーネントに接続している対応コンポーネントのスキーマが自動的に同期されます。