外部のLog4j設定を使用してマイクロサービスルートを実行する例 - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このセクションでは、外部のLog4j設定を使用してマイクロサービスルートを実行する方法の例を示します。

マイクロサービスは、cTimerおよびcLogコンポーネントを含む単純なルートからビルトされます。

cTimerコンポーネントは、メッセージ交換を5回トリガーします。

cLogコンポーネントはメッセージ交換をログに記録します。ログレベルは WARNに設定されています。これはStudioのデフォルト設定です。

Studioでルートを実行すると、以下の結果が実行コンソールに表示されます。

マイクロサービス.jarファイルへのルートをビルドしたら、コンソールウィンドウ内で実行することができます。

  • マイクロサービスをデフォルト設定で実行するには、次のコマンドを使用します。

    java -jar demo_0.1.jar

    次のログメッセージが表示されます。これはStudioでの実行結果と同じです。

  • マイクロサービスをカスタムLog4j設定で実行するには、 spring.config.locationプロパティを使用して、外部設定フォルダー内にカスタマイズされたlog4j.xmlファイルを呼び出します。マイクロサービスjarのあるディレクトリ内のconfigフォルダーに入っているサンプルLog4j設定は、以下のとおりです。これは、マイクロサービスの開始時にtesb.logファイルを提供します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
    <!DOCTYPE log4j:configuration SYSTEM "log4j.dtd">
    <log4j:configuration xmlns:log4j="http://jakarta.apache.org/log4j/">
        <appender name="stdout" class="org.apache.log4j.ConsoleAppender">
            <layout class="org.apache.log4j.PatternLayout">
                <param name="ConversionPattern" value="%d | %-5.5p | %-16.16t | %-32.32C %4L | %m%n"/>
            </layout>
        </appender>
        <appender name="rollingFile" class="org.apache.log4j.RollingFileAppender">
            <param name="file" value="tesb.log"/>
            <param name="MaxFileSize" value="1024KB"/>
            <param name="MaxBackupIndex" value="10"/>
            <layout class="org.apache.log4j.PatternLayout">
                <param name="ConversionPattern" value="%d | %-5.5p | %-16.16t | %-32.32C %4L | %m%n"/>
            </layout>
        </appender>
        <root>
            <priority value="info"/>
            <appender-ref ref="stdout"/>
            <appender-ref ref="rollingFile"/>
        </root>
    </log4j:configuration>

    この設定を使用するには、次のコマンドを実行します。

    java -jar demo_0.1.jar --spring.config.location=./config

    または、logging.configプロパティを使用してLog4j設定ファイルを呼び出すことができます。

    java -jar demo_0.1.jar --logging.config=./config/log4j.xml

    次のログメッセージが表示され、マイクロサービスjarファイルのあるディレクトリ内のtesb.logファイルに書き込まれます。

    tesb.logファイルが作成されます。

    ログメッセージはtesb.logファイルに書き込まれます。